就職活動の面接についての考え

面接試験は、就職活動の天王山といっても言いすぎではありません。
面接の結果によって、就職活動がうまくいくかどうかが決まります。
面接で成功するためには就職活動中にしっかりと準備をしておくことが大切です。
面接の準備で有効なこととは、一体どういったことでしょう。
集団で行う面接と、1対多の個人面接があります。
集団面接とは応募者が複数集まり、一人あるいは複数の面接担当者から質問を受け回答していく面接方式です。
集団面接が行われるのはまだ人数が絞り切れていない採用試験の前半が多く、服装や話し方など、総合的な印象が問われます。
大勢の中で埋没しないよう、自分をPRできるかが大事です。
一方、自分は1人で面接官と相対する形式の面接が個人面接となります。
集団面接とは違い、一人にじっくり時間をかけて把握することが目的なので就職活動の中でも終盤に行われることの多い面接です。
集団面接の時より、多角度からチェックされることになりますが、気負わずに行くことが大事です。
事前にイメージトレーニングや模擬面接をしておきましょう。
きちんと相手の目を見て話すこと、はきはきとはっきりした声で話すこと、答はまず結論から述べる、会話のキャッチボールを心かげることなどを意識しましょう。
就職活動では面接が鍵を握ります。
何をどう答えるべきか、対策を練っておきましょう。